「由々しき」と「忌々しき」の違いとは?分かりやすく解釈

「由々しき」と「忌々しき」の違いとは?言葉の違い【2語】

この記事では、「由々しき」「忌々しき」の違いを分かりやすく説明していきます。

「由々(ゆゆ)しき」とは?

「由々しき」には以下の意味が含まれています。

「重大である」「容易ではない」「程度が甚だしい」
「神聖で畏れ多い」「慎むべきこと」
「不吉であること」「忌まわしいこと」
「うとましい」
「素晴らしい」「立派である」


「由々しき」の使い方

「由々しき」「由々しき事態」「由々しき問題」など、「とんでもない」「軽視できない」などのニュアンスで使用されることの多い表現です。


「忌々(いまいま/ゆゆ)しき」とは?

「忌々(いまいま)しき」には以下の意味が含まれています。

「非常に腹立たしく感じる」
「遠慮すべきすること」「けがれを避けて慎むべきこと」
「不吉であること」「縁起が悪いこと」
そして、「忌々しき」は先述した「由々しき」と同じく「ゆゆしき」と読むこともでき、「由々しき」の別表記として用いることができます。

「忌々しき」の使い方

「忌々しき」「忌々しき○○だ」=「腹立たしい○○だ」や先述した「由々しき」と同じく「由々しき事態」=「とんでもない事態」などのように使用されることの多い表現です。

「由々しき」と「忌々しき」の違い

「由々しき」「とんでもない」「不吉であること」などネガティブなニュアンスで使用される言葉です。

一方、「忌々(いまいま)しい」「腹立たしいこと」「遠慮すべきこと」などネガティブなニュアンスを含めるほか、「忌々(ゆゆ)しい」の読みを当てて、「由々しい」の別表記として用いることも可能です。

「由々しき」の例文

・『経済に甚大な被害を与える事故が立て続けに起こり、由々しき事態である』
・『生活困窮者の数が年々増加していることは由々しき問題である』

「忌々しき」の例文

・『私にとって蚊やハエはとても忌々しい存在である』
・『入社すぐに大きなミスをしてしまったことは、今でも私にとって忌々しき過去である』

まとめ

「由々しき」「重大である」「容易ではない」「慎むべきこと」「不吉であること」などの意味を含む言葉です。

「忌々(いまいま)しき」「非常に腹立たしく感じる」「遠慮すべきすること」「不吉であること」などの意味を含む言葉です。

また、「ゆゆしき」という読み方を当てることもできるので、「由々しき」の別表記として用いることが可能です。

タイトルとURLをコピーしました