「面目が立たない」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「面目が立たない」とは?言葉の意味

この記事では、「面目が立たない」の意味を分かりやすく説明していきます。

「面目が立たない」とは?意味

「面目が立たない」は、顔が立たないという意味で顔が立たないというのは、自らの失敗などで恥ずかしくてとても顔を上にあげることができないということです。

なので、「面目が立たない」は、自らの失敗で顔を挙げることが許されない、恥ずかしいと認識があるということになります。

「面目が立たない」の概要

「面目が立たない」は、恥ずかしい思いをしたり、失態を晒すことでとても周囲の顔を見て過ごすことができないという意味なので恥ずかしい思いをしたことや失態を晒したという事実については謝罪などの意図はないです。

あくまで恥ずかしいという気持ちしか前に出ていないのでこの言葉が意味するのは恥ずかしいとか、失態を晒したことへの羞恥のみです。

「面目が立たない」の言葉の使い方や使われ方

「面目が立たない」は恥をさらしたことで顔向けできないという意味で使用されます。

なお、恥については羞恥という意味があり、恥ずかしいから顔向けできないという意味です。

まとめ

上司の人が「面目が立たない」というのは、部下自身の恥からになり他人の恥じた行為も上司からすれば自分の教育の至らなさになるので、上司も恥を感じているということです。

よって、「面目が立たない」は、第3者のことを自分のことのように言うことも可能な言葉です。

タイトルとURLをコピーしました