「なんなりとお申し付けください」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「なんなりとお申し付けください」とは?ビジネス用語

「なんなりとお申し付けください」とは?

ビジネスでの使い方や、敬語での言い換え方法などについて、分かりやすく解説していきます。

「なんなりとお申し付けください」とは?

はじめに「なんなりとお申し付けください」の意味を解説していきます。

「申し付ける」「上のものから下の者に対して、指示や命令する」との意味を持ちます。

これを相手に使うことで、自分が下であることを示す謙譲表現になるのです。

また「なんなりと」「なんでも」の意味を持ちます。

これらのことから「なんでも命令して」を敬語で丁寧に表現したのが「なんなりとお申し付けください」だといえるのです。


「なんなりとお申し付けください」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは「なんなりとお申し付けください」のビジネスでの使い方・使われ方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、あなたが部長から呼び出されたとします。

そして、「少し相談したいことがあるのだが、よいかね」と切り出されました。

そのような時には「なんなりとお申し付けください」と返答するとよいでしょう。

この言葉を使う場合の注意点は、表現が卑屈にならないようにすることです。

命令されたことなら何でもやるのは、昔の話と言えるでしょう。

現代では、自分の仕事、自分のキャリアは自分で選択するものという風潮が強いのです。


「なんなりとお申し付けください」を使った例文

ここでは「なんなりとお申し付けください」を使った例文を挙げていきます。

例文のように語尾を変化させることで、様々な文脈に対応することが可能です。

・『なんなりとお申し付けください』
・『なんなりとお申し付けいただければ』
・『なんなりとお申し付けいただければと思います』

「なんなりとお申し付けください」の類語や敬語での言いかえ

それでは「なんなりとお申し付けください」の類語や敬語での言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「なんなりとお申し付けください」の類似表現

まず「なんなりとお申し付けください」の類似表現について解説します。

「なんなりと」「なんでも」との言い換えが可能です。

意味は同じですが、よりカジュアルな表現になると言えます。

「なんなりとお申し付けください」の敬語表現

つぎに「なんなりとお申し付けください」を別の敬語表現で言い換えるとどうでしょうか。

例えば「なんなりとお申し付け願います」という言い換えが可能です。

まとめ

このように「なんなりとお申し付けください」という表現は、相手に対して従順な姿勢を示す表現です。

逆に言えば、盲目的に「なんでもやります」という表現にもなるため、使う場面、使う相手には十分に注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました