「いつもお世話になっております」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「いつもお世話になっております」とは?ビジネス用語

「いつもお世話になっております」とは?

ビジネスでの使い方や、敬語での言い換え方法などについて、分かりやすく解説していきます。

「いつもお世話になっております」とは?

はじめに「いつもお世話になっております」の意味を解説していきます。

「世話」「あれこれと面倒を見ること」を意味する言葉です。

そのため、「お世話になっている」「面倒を見てもらっている」という意味になります。

ビジネスでは、この表現が非常に頻繁に使用されます。

特にメールの書き出し文では、8割以上がこの言葉を使っているのではないでしょうか。

しかも、一字一句たがわず「いつもお世話になっております」として、使用するケースがほとんどなのです。

「いつもお世話になっております」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは「いつもお世話になっております」のビジネスでの使い方・使われ方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、あなたがメールを書くとします。

初めに何を書くでしょうか。

まずは宛名だと思います。

そして次に何を書くでしょうか。

次に書くのは「いつもお世話になっております。

〇〇です」
という文章ではないでしょうか。

このように定番すぎる表現であり、自動変換に登録しているユーザーもいるほど頻繁に使用される言葉なのです。

この言葉を使う場合の注意点は、なんといっても「ありきたり」なことです。

誰もが使う表現なだけに無難であり、特徴がありません。

少しでも目立ちたい、個性を発揮したいと言う方は、オリジナル性の高い表現を選択したほうが良いでしょう。

「いつもお世話になっております」を使った例文

ここでは「いつもお世話になっております」を使った例文を挙げていきます。

例文のように語尾の変化だけでも、複数のパターンがあります。

これに前半部分のパターンを加えると、組み合わせは無限大と言えるでしょう。

・『いつもお世話になっております』
・『いつもお世話になっています』
・『いつもお世話様です』

「いつもお世話になっております」の類語や敬語での言いかえ

それでは「いつもお世話になっております」の類語や敬語での言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「いつもお世話になっております」の類似表現

まず「いつもお世話になっております」の類似表現について解説します。

「いつも」「毎々」と言い換えられます。

表現は異なりますが、意味は概ね同じになります。

「いつもお世話になっております」の敬語表現

つぎに「いつもお世話になっております」を別の敬語表現で言い換えるとどうでしょうか。

例えば「いつもお世話になっています」という言い換えが可能です。

まとめ

このように「いつもお世話になっております」という表現は、メールの冒頭で必ず見かける定番フレーズです。

誰もが使う表現なだけに無難であり、そして没個性でもあるとも言える言葉なのです。

タイトルとURLをコピーしました