「予めご了承ください」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「予めご了承ください」とは?ビジネス用語

この記事では「予めご了承ください」について解説をします。

「予めご了承ください」とは?意味

あることが行われる前に、事情をくんで納得してください、という意味です。

お願いをする意があります。

「予め」とは、あることが行われる前に何かをしておくさま、前もってという意味です。

たとえば、イベントがあり、自分はそれに参加をします。

イベント会場から遠く離れた場所に住んでいるので、イベントが行われる前の日から現地入りをしていました。

このことを「予め現地入りする」といいます。

「ご了承」「了承」「ご」をつけて丁寧にした言葉で、事情を察して納得するという意味です。

「ください」には、相手に要望・懇願する意があります。

「予めご了承ください」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

何かが行われる前に、相手に理解をしておいてもらいたい場合に使用をします。

「ご了承」「ください」など丁寧な言葉を使用しており、あまり親しくない仲や取引先の相手、また不特定多数の人などに対して使うことが一般的です。

個人経営の飲食店のことで説明をします。

この飲食店は、そのときの仕入れ状況によって今日のメニューを決めています。

定番メニューはあるものの、稀なことですがそれを作るための材料が少ないときには、その日には定番メニューを出さなかったり、数量限定になったりします。

そのことを知らずに客がやってきたとしたら、「なぜ、今日はこれを食べられないのだ」と怒る人がでてくることでしょう。

こういったことを避けるために、前もってその説明をしておきます。

そのときに使用される言葉です。

「メニューを変更する場合がありますことを、予めご了承ください」などといいます。

事情を理解してもらわないとこの言葉を使う側は困るので、「ください」と表現をして「幸いです」とはしません。

「幸いです」では、してくれても、してくれなくてもよいというニュアンスに取られてしまいます。

「予めご了承ください」を使った例文

・『なくなり次第終了となります。予めご了承ください』
・『一部製品はキャンペーン対象外となることを、予めご了承ください』
・『予告なく変更する場合があります。予めご了承ください』

「予めご了承ください」の返答や返信例

不特定多数の人に向けて使われることが多く、使っている相手は返事を求めていません。

そのため、特に返事をする必要はありません。

事情を理解して欲しいと求められているので、なるべく理解するように努めます。

不服なことがあっても、不満を出さないことが望ましいです。

まとめ

前もって事情を理解してもらいたいときに使用する言葉です。

何かが行われる前に説明をしておくと、トラブルの回避につながります。

タイトルとURLをコピーしました