「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」とは?ビジネス用語

「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」とは?

「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」は、連絡をもらいたい場面で使用できる言葉です。

「連絡」とは「つながりをつけること」を意味します。

ビジネスではメールや電話を「連絡」と呼ぶ事が多いと言えるのです。

また、ここでは「ご連絡いただく」という表現を使用しています。

これは「もらう」を意味する謙譲語の「いただく」が使用されています。

さらに、「お願い申し上げます」も謙譲語の言葉です。

このように表現する事で、自分の行為をへりくだって表現できます。

それは、間接的に相手に敬意を示すことにつながるのです。


「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、あなたが出張する事になったとします。

しかし、上司には、何かあれば連絡をくれるように頼みたいと思いました。

このような場合には、「何かございましたら、ご連絡いただきますようお願い申し上げます」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手から連絡がほしいという事を、上手に言いかえて伝達できるのです。

この言葉を使用する際には、「お願い申し上げます」の使い方に注意しましょう。

これは「お願いいたします」という表現に言い換える事も可能です。

「申し上げます」では過剰な表現になってしまう場合に、「いたします」を使用するとよいのです。

状況に合わせて、適切な言葉を選択するとよいでしょう。


「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」を使った例文

この言葉を使った例文を挙げます。

例文のように、語尾は敬語の程度に合わせて、自由に変化させて使用するとよいでしょう。

・『ご連絡いただきますようお願い申し上げます』
・『ご連絡いただきますようお願いいたします』
・『ご連絡いただきますようお願いします』

「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」の類語と敬語での言いかえ

「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」の類語と敬語を解説していきます。

「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」の類似表現

この言葉の類似表現には、「ご連絡のほどお願い申し上げます」があります。

「いただきますよう」「のほど」は、同じような効果を持つ類似表現なのです。

「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」の敬語表現

この言葉を、別な敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「ご連絡くださいますようお願いいたします」に言いかえできます。

まとめ

このように「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」は、連絡をもらいたい場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました