「百日紅」の読み方と意味とは?「さるすべり」と「ひゃくじつこう」の正しい読み方について詳しく解釈

「百日紅」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「百日紅」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「百日紅」の正しい読み方は「さるすべり」と「ひゃくじつこう」どちら

「百日紅」には2つの読み方があります。

1つ目は「さるすべり」で、熟字訓という読み方です。

熟字訓とは、2文字以上の漢字(熟字)に、本来の意味をあてはめて普段使わない読み方をする文法です。

2つ目は「ひゃくじつこう」で、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。


正しい読み方の結論

「百日紅」の正しい読み方は「さるすべり」「ひゃくじつこう」の2つで、意味は同じです。


「百日紅」の意味

「百日紅」とは、「ミソハギ科の落葉中高木、中国から伝わり、夏から秋にかけて紅色・紫色・白色などの花を咲かせる植物」のことです。

比較的簡単に栽培できることから庭木として植えられています。

「さるすべり」と呼ばれるのは、「樹皮が白っぽくツルツルしていて、木上りが得意な猿ですら滑り落ちてしまいそうであることに由来します。

「百日紅」「さるすべり」の和名で、夏から秋まで花が咲き続けることから「100日間花が咲く木」という意味であてはめられました。

「百日紅」の言葉の使い方や使われ方

「百日紅」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『今年は秋になって百日紅(さるすべり)の花が咲いた』
・『百日紅(さるすべり)に猿が登っている』
・『庭から百日紅(ひゃくじつこう)の香りがする』

まとめ

今回は「百日紅」の読み方について紹介しました。

「百日紅」の正しい読み方は「さるすべり」「ひゃくじつこう」の2つで、意味は同じです。

正しく読める様に覚えておきましょう。

読み方
シェアする
新しい言葉
タイトルとURLをコピーしました