「慶事」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「慶事」とは?言葉の意味

「慶事」は何を指す言葉なのでしょうか。

今回は、「慶事」の意味について解説します。

「慶事」とは?意味

「慶事」とは、「喜ばしくおめでたい出来事」を意味する言葉です。

「慶事」の概要

人生の節目となるようなおめでたい出来事のことで、一般的には結婚と出産などを指します。

お祝いするようなおめでたい出来事なので結婚や出産の他にも入学や就職、家の新築や褒章なども「慶事」にあたります。

人生の中でも滅多にあることではないお祝い事なので宴席を設けたり記念の品物を贈ったりなどきちんとした形で祝いの気持ちを示すのが社会人のたしなみとされています。

それぞれの祝い事にマナーやしきたりが決められており祝いの気持ちを示す場合は慣例に従うのが社会人としての常識です。

「慶事」の言葉の使い方や使われ方

『結婚に出産、家の購入と慶事が続いている』
『慶事が重なると嬉しい気持ちがより一層大きくなる』

「慶事」の類語や言いかえ

・弔事
「お葬式」を意味します。

喜ばしい祝い事を意味する「慶事」に対し、こちらは悲しく辛いお悔やみ事を指します。

まとめ

「慶事」はお祝い事の中でも人生の記念になるような大きな出来事のみを指します。

誕生日などは含まれないので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました