「遠い目で見る」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「遠い目で見る」とは?言葉の意味

この記事では、「遠い目で見る」の意味を分かりやすく説明していきます。

「遠い目で見る」とは?意味

「遠い目で見る」「とおいめでみる」と読み、「過去や思い出を考えて、遠くを見るような虚ろなまなざし」を意味する言葉です。

「遠い目で見る」の概要

「遠い目」とは、言葉通りの「遠くを見つめる目つき」を意味しますが、それの意味が転じて「過去を振り返り、現在では見えない景色や風景を想像している時の目つきの様子」を意味しています。

「遠い目」という言葉だけでこれらを意味し、その後につけられている「見る」「遠い目」をした時に必然的に行われる行為です。

一部で「長い目で見る」と同様の意味を持つという意見もあるようですが、この場合は「過去や思い出を考えて、遠くを見るような虚ろなまなざし」を意味する言葉と解釈すればよいでしょう。

一般的には「遠い目」という言葉だけで使用されます。

「遠い目で見る」を使った例文(使用例)

「遠い目で見る」を使った例文を挙げます。

・『彼は過去を遠い目で見る』
・『私が遠い目で見ている時は、虚ろな瞳をしているらしい』

まとめ

「遠い目で見る」とは、「過去や思い出を考えて、遠くを見るような虚ろなまなざし」を意味する言葉です。

一般的には「見る」を付ける必要がなく「遠い目」だけで通用します。

状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました