「込み入った内容」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「込み入った内容」とは?言葉の意味

この記事では、「込み入った内容」の意味を分かりやすく説明していきます。

「込み入った内容」とは?意味

いろいろな事情などがあり複雑である事柄という意味です。

「込み入った」には、いろいろなもの入り混じって、簡単には説明したり、理解したりできないという意味があります。

ひと言では説明が難しいことをいいます。

「内容」は事柄という意味です。

「込み入った内容」の言葉の使い方や使われ方

この言葉は、いろいろ複雑である事柄を指して使用をします。

機械の使用方法のことで説明をします。

この機械の使用方法を理解するのは簡単ではありません。

説明書があるのですが、Aの作業をしたらBの作業をし、またAの作業をしてといったように複雑です。

一度説明書を読んだだけでは理解できない内容です。

こういった複雑で理解が難しいような内容のことを、この言葉で表します。

「込み入った内容」の例文

「込み入った内容」を使った例文を挙げます。

・『込み入った内容で理解できない』
・『込み入った内容なので説明に時間がかかる』

まとめ

この言葉は、その内容が複雑で理解や説明が容易でないことを意味しています。

人に伝えるときには、わかりやすくする工夫が必要です。

タイトルとURLをコピーしました