「ご存命である」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「ご存命である」とは?言葉の意味

「ご存命である」とは何を意味している言葉なのでしょうか。

今回は、「ご存命である」の意味について解説します。

「ご存命である」とは?意味

「ご存命である」とは、「生きている」という意味で使われる言葉です。

「ご存命である」の概要

死亡しておらず命があることを「存命」といいます。

「ご存命である」は存命であることを表す丁寧な言い方です。

一般的には死亡している可能性を否定できない人が生きている時に用いられる表現で、高齢者などがまだ死亡しておらず生き続けているという意味合いで用いられます。

死んでいる可能性がある人にのみ使われる言葉なので赤ん坊や若者などある程度時間が経ち状況が変化しても死亡している可能性が低い相手に対しては使いません。

今も生きていることに少し驚いているニュアンスを含みます。

「ご存命である」の言葉の使い方や使われ方

『100歳を超えたがまだご存命である』
『ご存命であるうちに一目お会いしたい』

「ご存命である」の類語や言いかえ

・ご健在である
「生きていて健康であること」を意味します。

「ご存命である」が健康状態に関わらず生きている状態を指すのに対し、こちらは生きている上に健康に毎日を過ごしている様子を表します。

まとめ

「ご存命である」は以前会った人やかつて話題になった人など過去を振り返った時の人が今もなお生きているときに用いる表現です。

比較的高齢の人に対して用いる言葉なので使い方に注意してください。

タイトルとURLをコピーしました