「心もとなく」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「心もとなく」とは?言葉の意味

この記事では、「心もとなく」の意味を分かりやすく説明していきます。

「心もとなく」とは?意味

「心もとなく」とは、「頼りないと」「心配であると」の意味で使用される言葉です。

これは、「心もとない」という形容詞が変形したものだと言えます。

頼りない様子を不安に思ったり、心配したり様子を表現する言葉が「心もとない」なのです。


「心もとなく」の言葉の使い方や使われ方

たとえば、あなたが会議に出席したとします。

しかし、いつもは一緒にいる上司が不在で、あなたが会社の代表者なのでした。

このような場合に、「今日の会議は、心もとなく思います」と述べるとよいでしょう。

これにより、頼りなく不安に思う気持ちを、上手に言いかえて表現できるのです。


「心もとなく」の例文

「心もとなく」を使った例文を挙げます。

・『上司がいないと、心もとなく思います』
・『チームメンバーが不在になると、いつも心もとなく感じる次第です』
・『私は会社の将来を、心もとなく存じます』

まとめ

このように「心もとなく」は、「頼りないと」「心配であると」という意味を持つ言葉です。

様々な場面で使用できる言葉なので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました