「涎を垂らす」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「涎を垂らす」とは?言葉の意味

「涎を垂らす」は何を意味する言葉なのでしょうか。

今回は、「涎を垂らす」の意味について解説します。

「涎を垂らす」とは?意味

「涎を垂らす」とは、「欲しい気持ちをあらわにすること」を意味する言葉です。

「涎を垂らす」の概要

求める気持ちがとても強くなり抑えきれない様子を表す言葉で、欲しくてたまらない気持ちを指します。

本来は食欲に対して用いられる言葉で空腹時に美味しそうな食べ物を見ると涎が出るのを抑えきれない様子を表しますが、食欲が本能に基づく欲求であることから転じて「空腹時に食べ物を前にすると涎が垂れてしまうのと同じくらい欲しい気持ちが強いこと」という意味合いで使われている言葉です。

「涎を垂らす」の言葉の使い方や使われ方

『コレクターが見れば涎を垂らすレアアイテム』
『涎を垂らすほど欲しかった逸品をついに手に入れた』

「涎を垂らす」の類語や言いかえ

・垂涎
「手に入れたいと熱望すること」を意味します。

「涎を垂らす」が名詞になった言葉です。

まとめ

「涎を垂らす」はあまり上品な感じがしませんが日常会話だけでなくあらゆる場面で使われている表現です。

熱く求める気持ちを表している言葉なので正しく意味を理解してふさわしい使い方をしてください。

タイトルとURLをコピーしました