「傾聴」と「拝聴」と「視聴」の違いとは?分かりやすく解釈

「傾聴」と「拝聴」と「視聴」の違い言葉の違い【3語】

この記事では、「傾聴」「拝聴」「視聴」の違いを分かりやすく説明していきます。

「聴く」にまつわる表現を、学んでいきましょう。

「傾聴」とは?

傾聴(けいちょう)とは、相手の心に寄り添って話を聞くこと。

どんな思いで話しているのか、その背景を想像しながら、心の声を聞くことです。

おもに心理カウンセリングの場で用いられている方法となります。

傾聴をおこなう際には、ただひたすら相手の思いを受け止めます。

「こうした方がいい」「止めた方がいい」など、アドバイスや否定的な意見は、自分の胸のポケットに収めておきます。

話し手の気持ちを想像しながら、その人が安心して話をしてくれるように導いていくこと。

心を開いてもらう聞き方が「傾聴」です。

「拝聴」とは?

拝聴(はいちょう)とは、へり下って相手の話を聞くこと。

「聞く」の謙譲語が「拝聴」となります。

話し手を持ち上げて、聞き手を下げる表現方法です。

そのため自分より目上の人、偉い人の話を聞くシーンで使っていきます。

もともと「拝聴」という熟語の「拝」には「おじぎをする」という訳があります。

こちらの頭を下げて、うやまう態度で聞くことが拝聴になります。

取引先や上司、尊敬している教授などに使える表現です。

話し手を高めたい場合に用いていきましょう。

「視聴」とは

視聴(しちょう)とは、見て聞くことをあらわします。

おもにテレビのドラマやバラエティ番組を見るときに使われます。

流れてくる動画を、じっくり見ること。

選んで見ている動作が視聴です。

視聴に関連する言葉に「視聴率」があります。

視聴率とは、その放送の人気度をあらわすバロメーターです。

視聴率が高ければ、それだけ多くの人の関心を集めているサインになります。

集中して何かを見ること、流れてくる言葉に耳を傾ける様子が視聴です。

「傾聴」と「拝聴」と「視聴」の違い

・ビジネスは拝聴
いずれも「聴く」にまつわる表現です。

傾聴はカウンセリングの手法で使います。

ストレスを抱えている人が、悩みや思いを吐きだしやすいように、聞き手がうまくリードしてあげる聞き方です。

そして拝聴は謙譲語なので、話し手に敬意を示したい場合に使います。

おもにビジネスシーンで利用します。

さらに視聴は、テレビや動画を見る行為そのものを指しています。

また見る人、聞く人は「視聴者」と表現されます。

視聴者は1人ではなく、数万人単位など非常に大きな数をあらわします。

個人のやり取りで使われるのは傾聴や拝聴。

不特定多数の人に使われるのは視聴です。

まとめ

「傾聴」「拝聴」「視聴」の違いを分かりやすくお伝えしました。

いずれも「聴く」にゆかりのある言葉です。

傾聴は相手の立場を思いやって、心を寄せる行為をあらわします。

拝聴は尊敬している人の話を、聞く行為となります。

さらに視聴は不特定多数の人が、テレビを見ていることです。

微妙な語句の差をつかんで、正しく用いていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました