「世は張り物」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「世は張り物」とは?言葉の意味

この記事では、「世は張り物」の意味を分かりやすく説明していきます。

センスのある表現を覚えていきましょう。

「世は張り物」とは?意味

「世は張り物」とは、世の中は見栄を張るのが普通だということ。

よく見えるように整えたり体裁を取り繕ったりするのは、人として当たり前の感覚だということです。

この場合の「張り物」は、ハリボテをあらわします。

見た目は立派なのに、裏をかえすと貧相な物の例えです。

世の中の多くが、見た目と実体がかけ離れていることをいいます。

「世は張り物」の言葉の使い方や使われ方

世は張り物は『浮世草子』に登場する、昔からあることわざです。

揶揄する表現ではなく、大人としてのあるべき所作を語っています。

一人前に扱ってもらえるように、大きく見せるのは世の中の道理だと述べています。

潔く言い切るシーンで使ってみてください。

「世は張り物」の例文

「世は張り物」を使った例文を挙げます。

・『世は張り物、プライドも大切だ』
・『世は張り物を思い出し、外車を買った』
・『祖父は世は張り物を、地でいく人生だった』

まとめ

「世は張り物」の意味と使い方を学びました。

多少のプライドやハッタリも、世の中を渡るためには必要だと述べたものです。

小粋な生き方のひとつに、加えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました