「早々に」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「早々に」とは?ビジネス用語

「早々に」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「早々に」とは?

「早々に」は、「早いうちに」「すぐに」などの意味で使用できる言葉です。

「早々に」は、「早」という字が使用されています。

これは音読みで「そう」、訓読みで「はやい」と読みます。

「はやい」「早い」「速い」の表記があります。

時期的な「はやい」「早い」であり、速度的な「はやい」「速い」になります。

ここでは「早い」を使用しているため、時期的な「はやい」を意味していると言えます。

これを繰り返して「早々に」とすることで、早々と何かを実施する様子を表現する言葉にしているのです。

「早々に」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「早々に」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、顧客と認識齟齬が発生したとします。

今回の事案をこのまま放置していては、顧客とのトラブルに発展する事も予測されました。

このような場合には、「早々に対応しないと、トラブルの原因になりそうです」と述べるとよいでしょう。

これにより、早く対処するべきという事を、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「早々に」の使い方に注意しましょう。

これは「早く」「すぐに」などの類語で言い換えできます。

同じような意味で使用できますが、それぞれ印象の違う言葉になるのです。

使用する状況に合わせて、適切な表現を選択するとよいでしょう。

「早々に」を使った例文

「早々に」を使った例文を挙げます。

例文のように、前後に言葉を付け加えて行く事で、自然な文章を作成する事ができます。

・『この件については、早々に対応しないと大変な事になるでしょう』
・『この度の問題は、早々に対処したほうがよろしいかと思います』
・『今回の件は、早々に報告するべき事案です』

「早々に」の類語と敬語での言いかえ

「早々に」の類語と敬語を解説していきます。

「早々に」の類似表現

「早々に」の類似表現には、「早々と」があります。

「早々に」「早々と」は、同じような意味で使用できる言葉です。

なお、前者は「そうそうに」、後者は「はやばやと」と読みます。

「早々に」の敬語表現

「早々に」を単独で敬語表現に言い換える事はできません。

これを敬語にする場合は、組み合わせる言葉で実現する必要があるのです。

たとえば、「早々にお願いいたします」とすれば、謙譲語を使用した敬語表現にできるのです。

まとめ

このように「早々に」は、「早いうちに」「すぐに」などの意味で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました