「謹んでお知らせ申し上げます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「謹んでお知らせ申し上げます」とは?ビジネス用語

「謹んでお知らせ申し上げます」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「謹んでお知らせ申し上げます」とは?

「謹んでお知らせ申し上げます」は、相手に何かを知らせる場面で使用できる言葉です。

「謹んで」とは「かしこまって」「敬意を表してうやうやしく」などの意味を持ちます。

これは、「謹んで○○します」のように、何らかの行動を組み合わせて使用するものなのです。

ここでは「謹んでお知らせ申し上げます」としています。

「お知らせ申し上げる」は、「知らせる」を謙譲語にした言葉です。

「お知らせいたす」よりも一層かしこまった様子なのが「お知らせ申し上げる」なのです。

なお、ここでは語尾に丁寧語の「ます」を付与しています。

これによって「お知らせ申し上げます」と変化しているのです。

「謹んでお知らせ申し上げます」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「謹んでお知らせ申し上げます」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、あなたの会社でサービス内容に改定があったとします。

そして、ユーザーにその旨を伝えるための、メール文案を考えていたのです。

このような場合には、「サービス内容の変更に関して、謹んでお知らせ申し上げます」と述べるとよいでしょう。

これにより、かしこまった態度で何かを知らせる事を、上手に言いかえて相手に伝達できるのです。

この言葉を使用する際には、「お知らせ申し上げます」の使い方に注意しましょう。

これは「お知らせいたします」と言いかえる事ができます。

この場合も、謙譲語の表現として成立します。

逆に謙譲語の意味を除外すれば「お知らせします」になります。

この場合は、丁寧語のみを使用した表現になるのです。

使用する状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。

「謹んでお知らせ申し上げます」を使った例文

「謹んでお知らせ申し上げます」を使った例文を挙げます。

例文のように、知らせる対象を先に述べるようにすると、自然で分かりやすい文章を作成できます。

・『サービス改定の内容を、謹んでお知らせ申し上げます』
・『当社の人事異動について、謹んでお知らせ申し上げます』
・『来年度の当社方針に関して、謹んでお知らせ申し上げます』

「謹んでお知らせ申し上げます」の類語と敬語での言いかえ

「謹んでお知らせ申し上げます」の類語と敬語を解説していきます。

「謹んでお知らせ申し上げます」の類似表現

「謹んでお知らせ申し上げます」の類似表現には、「謹んでご伝達申し上げます」があります。

「お知らせ」「ご伝達」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「謹んでお知らせ申し上げます」の敬語表現

「謹んでお知らせ申し上げます」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「謹んでお知らせいたします」に言いかえできます。

まとめ

このように「謹んでお知らせ申し上げます」は、相手に何かを知らせる場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました