「突然のご連絡失礼いたします」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「突然のご連絡失礼いたします」とは?ビジネス用語

「突然のご連絡失礼いたします」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「突然のご連絡失礼いたします」とは?

「突然のご連絡失礼いたします」は、相手に突然連絡する事になった場合に使用できる言葉です。

「突然」とは、「予期していない中で急に」との意味を持ちます。

また「連絡」とは、「つながりをつけること」を意味する言葉です。

ビジネスで「連絡」とした場合は、メールや電話を示すのが一般的になっています。

なお、「失礼」とは、「礼を失すること」です。

これに謙譲語の「いたす」と丁寧語の「ます」を付与して「失礼いたします」としているのです。

「いたす」「する」を謙譲語のしたものであり、相手に敬意を示す効果を持っています。

このように表現する事で、急に連絡してしまった無礼を相手に詫びているのです。

「突然のご連絡失礼いたします」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「突然のご連絡失礼いたします」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、取引先にメール連絡する事になったとします。

その連絡は、相手が予期していないであろうほどに急なものになったのです。

このような場合には、「この度は、突然のご連絡失礼いたします」と述べるとよいでしょう。

これにより、急に連絡してしまった事に、謝罪の気持ちを表明できるのです。

この言葉を使用する際には、「失礼いたします」の使い方に注意しましょう。

ここから謙譲語の意味を除外すれば「失礼します」になります。

どちらも同じ意味ですが、敬語の種類が違うのです。

使用する相手によって、柔軟に使い分ける必要があるのです。

「突然のご連絡失礼いたします」を使った例文

「突然のご連絡失礼いたします」を使った例文を挙げます。

例文のように、そのままでも使用できますし、言葉を少し加えてアレンジするのもよいでしょう。

・『突然のご連絡失礼いたします』
・『この度は、突然のご連絡失礼いたします』
・『本日は、突然のご連絡失礼いたします』

「突然のご連絡失礼いたします」の類語と敬語での言いかえ

「突然のご連絡失礼いたします」の類語と敬語を解説していきます。

「突然のご連絡失礼いたします」の類似表現

「突然のご連絡失礼いたします」の類似表現には、「急なご連絡失礼いたします」があります。

「突然の」「急な」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「突然のご連絡失礼いたします」の敬語表現

「突然のご連絡失礼いたします」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「突然のご連絡失礼申し上げます」に言いかえできます。

まとめ

このように「突然のご連絡失礼いたします」は、相手に突然連絡する事になった場合に使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました