「検討を重ねた結果」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「検討を重ねた結果」とは?ビジネス用語

「検討を重ねた結果」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「検討を重ねた結果」とは?

この言葉は、検討結果を伝達する場合などに使用できる言葉です。

「検討」とは、「意見を出し合って考えること」を意味します。

また、「検討を重ねる」と表現すれば、そのような行為を繰り返し行う様子を言い表す言葉になるのです。

これは、「重ねる」という言葉が、複数回の行動を示しているためです。

また、「検討を重ねた結果」とすれば、それが安易に決定されたものではなく、慎重に考えられたものである事も推察できるのです。

さらに、軽く見てる内容に何度も時間を使わない事から、そのテーマを重要なものとして扱っている様子も想像できるのです。

「検討を重ねた結果」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

ビジネスでこの言葉を使う場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、あなたが提案を受けたとします。

しかし、社内で審議にかけたところ、その提案は不採用となってしまったのでした。

このような場面では、「検討を重ねた結果、この度は採用を見送ることといたしました」と述べるとよいでしょう。

これによって、何度も検討した結果である事を、上手に言いかえて表現できるのです。

この言葉を使用する時は、「重ねた」の使い方に注意しましょう。

これは平易な表現になっています。

ここに丁寧語の「ます」を組み入れれば「重ねました」のように言い換える事もできます。

また、言葉を変えて「繰り返した」などで代替する事もできます。

使用する状況に合わせて、適切な言葉を選択して使用するとよいでしょう。

「検討を重ねた結果」を使った例文

「検討を重ねた結果」を使った例文を挙げます。

例文のように、前段の内容に応じた言葉を組み合わせると、自然な文章を作成できます。

・『検討を重ねた結果、不採用となりました』
・『検討を重ねた結果、今回は見送る事にたしました』
・『検討を重ねた結果、今回は断念することにしました』

「検討を重ねた結果」の類語と敬語での言いかえ

「検討を重ねた結果」の類語と敬語を解説していきます。

「検討を重ねた結果」の類似表現

この言葉の類似表現は、「検討を繰り返した結果」が挙げられます。

「重ねた」「繰り返した」は、同じ様な意味合いで使用できる言葉なのです。

「検討を重ねた結果」の敬語表現

この言葉を敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば、「検討を重ねました結果」のように言いかえる事が可能です。

まとめ

このように「検討を重ねた結果」は、検討結果を伝達する場合などに使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました