「プリショットルーティン」とは?意味や特徴や概要、言葉の使い方など分かりやすく解釈(ゴルフ用語)

「プリショットルーティン」とは?ゴルフ用語

この記事では、「プリショットルーティン」の意味を分かりやすく説明していきます。

「プリショットルーティン」とは?意味

「プリショットルーティン」は、ゴルフボールを打つまでの過程においてどう行動するかという行動パターンのことです。

これは、一つの考え方で、毎回決められた行動パターンの人物は好成績をゴルフで残すことから「プリショットルーティン」というゴルフボールを打つまでの行動がどうあるかを身に付けるのが重要であるとスポーツでは言われています。

「プリショットルーティン」の概要

「プリショットルーティン」は、要は、球を打つという動作において好成績を残すものを分析すると、同じ行動を取る者が好成績だということから、同じ行動をすれば、ゴルフでは好成績になるのではないかという考え方を意味します。

なお、この考え方に当てはまらない選手も存在しており、あくまで、「プリショットルーティン」は考え方でしかありません。

というのも、「プリショットルーティン」は、自分の思い描く内容と異なる内容になりやすいのは、ゴルフの場合、風の存在やフェアウェイの状態も自分が思い描く結末と異なる要因になるのです。

例えば、まったく同じ動作で同じようにボールを打ち出しても、強風が吹いていれば、OBになりますし、ボールがまっすぐ飛ばないことで思いもしない結果になることがありますので、これはあくまで考え方です。

「プリショットルーティン」の言葉の使い方や使われ方

「プリショットルーティン」は、ゴルフというスポーツの考え方を示すために使用し、同じように打てば同じように飛んでいくという自分のリズムをつかむことを意味するために使用します。

「プリショットルーティン」の関連語

「プリショットルーティン」に関連する言葉は、ルーティンで、決められた動作のことを意味する言葉が関連用語で、プリショットは、打つという行動に至る手順という意味でプリショットとルーティンをセットで覚えるとよいでしょう。

まとめ

「プリショットルーティン」は、要は考え方の一つで、いつも同じ動作で物事を行えば、同じ結果になるということで、同じ動作を身に付けることのみに集中していることです。

ただ、この方法、基礎動作が優れており、かつ成績が良い者においてはあてはまりますが、成績が悪い者においては、基礎動作が優れておらず、同じ動作をしたところで無駄です。

よって、「プリショットルーティン」は完成された人物のみが持てる考え方の一つで、ゴルフの初心者においては、まず、完全なる動作を身に付ける方が先で、基礎動作を学習したのちに自分が持つ調子が良い時の動作を見つけるのが望ましいでしょう。

また、この動作を身に付けていないからと言って、ゴルフの成績が悪いということでもないのであくまで、「プリショットルーティン」とは、物事の考え方で、スポーツにおける物事の考え方であると言い切れます。

タイトルとURLをコピーしました