「パーフェクトゲーム」とは?意味や特徴や概要、(ゲートボール用語)の言葉の使い方など分かりやすく解釈

「パーフェクトゲーム」とは?ゲートボール用語

この記事では、「パーフェクトゲーム」の意味を分かりやすく説明していきます。

ゲートボールの基礎を、正しく学んでいきましょう。

「パーフェクトゲーム」とは?意味

「パーフェクトゲーム」とはメンバー全員が、それぞれゲートを通って、ゴールポールにタッチすること。

全員がクリアした状態をいいます。

この「上がり」になると、チームの勝ちは決まったも同然。

点数関係なしに、パーフェクトゲームを達成したチームが勝利をつかみます。

ゲートボールは通常、1チーム5人ずつのメンバーでおこないます。

パーフェクトゲームになるためには、チームの足並みを揃えることが大切になります。

そのためパーフェクトゲームが出るのは、簡単そうでいて、とても珍しいことです。

「パーフェクトゲーム」の概要

「パーフェクトゲーム」は野球の世界で、つかわれていた言葉です。

「パーフェクト」には「すばらしい・申し分のない」という前向きな訳があります。

野球ではピッチャーが相手に点を許さず、1試合を走り抜けるファインプレーをあらわします。

ゲートボールも同じように、高度な技術をしめします。

先ほどお伝えしたようにゲートボールでは、いずれかのチームがパーフェクトゲームになると、残り時間があってもその時点で「試合は終了」となります。

「パーフェクトゲーム」を出すコツは色々ありますが、大きく左右するのがチームワークです。

それぞれのメンバーが、練習をおこない技量を上げること。

またできる人ができない人のサポートをしてあげるなど、全体の能力を伸ばしていくことが、パーフェクトゲーム達成につながっていきます。

「パーフェクトゲーム」の言葉の使い方や使われ方

「パーフェクトゲーム」はこのように使っていきます。

・『今日はゲートボールの練習試合。4試合中、1試合はパーフェクトゲームでした』
・『ライバルチームがパーフェクトゲームを出し、試合は終了した』
・『パーフェクトゲームを狙うための、作戦会議をおこなった』
パーフェクトゲームとは、チームのメンバー全員がスティックでボールを打ち、ゲートを通過。

ゴールポールに当てることを指します。

息のあっているチームでないと、なかなか出せない技術力の高い技になります。

完全試合を達成したシーン、もしくはそういった勝利を狙いたいときに使います。

「パーフェクトゲーム」の関連語

「パーフェクトゲーム」と同じような言葉には、次の用語もあります。

・上がり
・ゲームセット
チーム全員が「上がり」になると、自動的にパーフェクトゲームになります。

もちろん通過していないゲートがあるほか、ゴールポールに付いていない場合はアウトになります。

「上がり」になって、試合が終わることをゲームセットといいます。

まとめ

「パーフェクトゲーム」の意味と使い方をあらためておさらいしました。

「パーフェクトゲーム」とは、5人のメンバー全員が上がりになること。

ゲートを通過して、ゴールポールにタッチする様子をあらわします。

競技の面白さを学んでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました