「スパーク打撃」とは?意味や特徴や概要、(ゲートボール用語)の言葉の使い方など分かりやすく解釈

「スパーク打撃」とは?ゲートボール用語

この記事では、「スパーク打撃」の意味を分かりやすく説明していきます。

ゲートボールのルールを覚えておきましょう。

「スパーク打撃」とは?意味

「スパーク打撃」とは片足の下に2つのボールを並べて、スティックでトンと打つ方法です。

ボールからボールに衝撃が伝わって、勢いのある球を打ちやすくなります。

難しそうに思えますが、コツを掴んでしまえば容易くできます。

あきらめずに、特訓をつみたいです。

スパーク打撃を決めたいときは、まず左足のつま先よりやや下、指のつけ根あたりにボールを2つ並べます。

そして右方向にスティックを置き、ボールに均等な力をかけるように打っていきます。

このとき反対側に置いたボールが遠くに飛べば、スパーク打撃は成功となります。

「スパーク打撃」の概要

スパーク打撃の「スパーク」には放電や火の粉という訳があります。

パッと線香花火がきらめくように、華麗なショットが繰りだされるのがスパーク打撃の魅力です。

スパーク打撃を打つコツは、スティックの握り方とスイングの方法にあります。

スパークした瞬間に手元がブレやすいので、スティックは両手を揃えてしっかりにぎります。

そして時計の振り子をイメージしながら、ボールに向かって水平に、スティックを振り下ろしていきます。

このとき背中が前かがみになりやすいので、背中はできるだけ真っすぐ整えておくことが大切です。

試合本番でいきなり成功できる技ではないので、練習時間を見つけながら丹念に腕を磨いていきましょう。

「スパーク打撃」の言葉の使い方や使われ方

「スパーク打撃」はこのように使います。

・『必殺技であるスパーク打撃にチャレンジした』
・『週末の交流試合に向けて、スパーク打撃の猛特訓をおこなった』
・『スパーク打撃のボールが遠くまで飛び、ケガ人が出る事態となった』
スパーク打撃とは、片足の下に2つの球をはさみ、だるま落としのようにトンと突く必殺技です。

上手くできるようになると、相手チームの球をアウトボールにするなど、応用がきいていきます。

ただスパーク打撃は威力が強いので、ボールが誤って宙に浮かんでしまうこともあります。

スティックが上向きにならないように注意しながら、安全な試合を目指していきましょう。

「スパーク打撃」の関連語

スパーク打撃と同じような言葉には、次の用語があります。

・タッチ タッチはスパーク攻撃とセットに、つかう言葉です。

タッチとは自分のボールが、他のボールに当たること。

タッチをすると「スパーク攻撃ができる権利」が与えられます。

そのためタッチとスパーク攻撃は、必ず二つ一組ペアでおこないます。

まとめ

スパーク打撃の意味と使い方をおさらいしました。

スパーク打撃とは、片足の下にボールを2つ敷いて、遠心力を利用しながら、ひとつの球を遠くへ飛ばす方法です。

勢いがつきやすくなるので、敵ボールをアウトボールにしたい場合にも向いています。

やや高度な技になるので、しっかり練習を積みながら、自分のものにしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました