「スタート打撃」とは?意味や特徴や概要、(ゲートボール用語)の言葉の使い方など分かりやすく解釈

「スタート打撃」とは?ゲートボール用語

この記事では、「スタート打撃」の意味を分かりやすく説明していきます。

「スタート打撃」とは?意味

「スタート打撃」は、第一ゲートに向けて打撃を打つことを意味します。

ゲートボールは、決められたゲートを順番通りに通るスポーツで、ゲームの開始時は、第一ゲートの通貨を目指してボールを打ちます。

これを「スタート打撃」と呼び」絶対にゲートボールは、第一ゲートをくぐらないといけません。

なおゲートは、全部で3つあり、3つ潜りゴールポールにボールをぶつければ、対象者はゲームから除外され、ゲームをクリアしたとみなします。

なお、試合は30分でゲートをくぐれば一点ずつ点数が増加していき、最後の上りになると5点をもらえ10点満点を30分以内に団体戦で多くとれば勝者です。

「スタート打撃」の概要

「スタート打撃」は、ゲートボールのゲームの開始時にボールを第一ゲートに向かって打つという意味です。

なお、30分という時間内に、チームの誰もがゲートを通過できない、もしくは相手チームすら通過できないという事態もゲートボールにはあり得ます、というのも、ゲートボールは相手のボールに触れて相手のボールを追い出すという手法が可能でボールのブロックをすることが団体で可能なのでいつまでたってもゲートを通過できないという事態が起こりえます。

では、こうした場合どうするかというと団体行儀としてゲートボールを行わず、あえて、第一プレイヤー同士が第一ゲートに向かって打ち込みボールを通過させた方に点数を加算していきます。

そして両者ともにボールを通過したら次の第2プレイヤー同士がプレイヤーになり第一ゲートをくぐるということを繰り返して点数を加算していくのです。

この方法であれば、第3者がブロックするという事態が無くなります。

「スタート打撃」の言葉の使い方や使われ方

「スタート打撃」は、ゲートボールのゲームが開幕した際の第一ゲートへとボールを運ぶことを言う際に使用します。

「スタート打撃」の関連語

「スタート打撃」に関連する用語としては、「第一ゲート」「第二ゲート」などが関連用語で、このゲートをくぐらないとゲームが成立しません。

まとめ

「スタート打撃」は、ゲームの開幕と同時にいち早く、第一ゲートを通過するようにボールを打つことです。

何故、そんなに急ぐ必要があるかですが、これは公式の大会においては試合時間があり、一試合30分という時間があるが故、急いでゲートをくぐらないといけないのです。

逆を返せば、ゲートボールの練習は別に試合ではありませんので、時間をいくら使おうとかまいません。

というのも、ゲートボールの審判は、公式の大会ではない限り、恐らく参加者の方が自ら選手と審判を行っているため、試合時間に関してはそこまでうるさくはないはずです。

ただ、一応、ゲートボールには試合時間があり、この時間をいかに利用して点数を稼ぐかが醍醐味のゲームになりますので一応解説を指せていただきました。

タイトルとURLをコピーしました