「6インチプレース」とは?意味や特徴や概要、言葉の使い方など分かりやすく解釈(ゴルフ用語)

「6インチプレース」とは?ゴルフ用語

この記事では、「6インチプレース」の意味を分かりやすく説明していきます。

「6インチプレース」とは?意味

「6インチプレース」とは、接待や身内でゴルフを楽しむ場合に適応されるローカルルールで、フェアウェイやラフといった場所で障害物がありボールを打ちにくい場合にボールをゴルフボール3つ分までなら自由に動かしてよいというルールです。

この6インチがちょうどゴルフボール3つ分になる長さなので、動かしてよい距離は、ボール3つ分までになります。

なお、このルールは、ボールが移動するという性質上ボールをあえてグリーンに近づけるよう配置することは失礼に当たります。

しかも、このルールはローカルルールなので、相手側が「6インチプレース」の適用を拒んだ場合、残念ですが、このルールは適応されません。

「6インチプレース」の概要

「6インチプレース」は、いわば、真剣勝負では無いゴルフにおける一種のハンディキャップのことです。

よって、ゴルフの大会ではもちろんのこと、真剣勝負では適用されません。

このルールの考えとしては、単純に、初心者の方を救済するルールで、ラフやフェアウェイ上にある障害物をよけて撃つことを許容するという物です。

ただ、あえてゴルフ場に障害物を置いてある場合も、このルールの適用が許された場合、障害物を避けることが許されるのであくまでこのルールは初心者の救済でしかありません。

「6インチプレース」の言葉の使い方や使われ方

「6インチプレース」は、ハンディキャップとして使用され、この言葉は、ハンディキャップの適用の可否について使用します。

ハンディとして認められる場合、ボールを6インチ動かしてよいというルールが適応されたとなります。

「6インチプレース」の関連語

「6インチプレース」の関連語としては、「ハンディキャップ」があり、ハンディキャップはいわば、初心者に対する救済措置として機能します。

なお、「ハンディキャップ」は、ローカルルールというくくりになり、公式のゴルフ大会では一切通用しません。

まとめ

「6インチプレース」は、ローカルルールであるが故、絶対に適応するルールであるかどうかは参加者の方々の考え方によって異なります。

というのも、障害物をあえてゴルフ場内に設けている場合、それが障害になるが故に打ちにくいというのはそれがゴルフが持つ、障害を乗り越えるというスポーツの醍醐味なのでそれを否定するという考えから、あくまでこのルールは、ローカルルールで適応されるかどうかは、参加者の方々の考え方でしかありません。

よって、公式の大会においては絶対に適応されることが無いルールでよほど障害になる物が置いていない限り、公式でもこれはゴルフの障害を乗り越えるというルールに反するということで許可されないルールです。

よって、「6インチプレース」は、ゴルフの初心者の方を育て上げるルールであると周りが解釈すれば、一応ローカルなルールではなくなります。

タイトルとURLをコピーしました