「昨日はありがとうございました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「昨日はありがとうございました」とは?ビジネス用語

ここでは「昨日はありがとうございました」の使い方やその際の注意点などを詳しく見ていきます。

「昨日はありがとうございました」とは?

「昨日はありがとうございました」は、前日にあった出来事に対してのお礼として使われる表現です。

「昨日は」としているのでそれ以外の日にあったことに使うことはできず、事後の挨拶といった使い方が多く見られます。

特に感謝するべきことがあった場合でなくとも使うことができるので、特にビジネスでは多用されています。

事あるごとに無理に使う必要はありませんが、後日にこのような挨拶を行っておくことで、対象になっている出来事を印象づけることができたり、丁寧さのアピールになります。

本当に感謝したいようなことがあった場合にはこの表現では軽いため、もう少しそれを表すことができる言葉に言い替えた方がいいでしょう。

「昨日はありがとうございました」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「昨日はありがとうございました」は、そこまで感謝する必要がなくとも挨拶として使われる表現です。

使えるのがその翌日だけに限定されますが、次の日にメールでこのような挨拶とも言えるものをもらって悪い気はしないものです。

また、これだけで使うことは少なく、普通はこの後に本題となる文章が続くものです。

それがない場合に無理に翌日にこれだけを送ることはありません。

メールなどの文章だけでなく、口頭でも使うことができるので、次の日にちょっとした要件があった時などに、最初にこの「昨日はありがとうございました」から会話を始めると、その後の内容にスムーズに続けることができます。

「昨日はありがとうございました」はこのように、失礼にない挨拶になるだけでなく、定型文としての要素も多分に含んでいます。

「昨日はありがとうございました」を使った例文

・『昨日はありがとうございました。ところで、別件でご相談したいことがあります』
・『何かとお忙しい中、昨日はありがとうございました。』

「昨日はありがとうございました」の類語や言い替え

「先日はありがとうございました」
こちらであれば、昨日に限らない出来事に対して使うことができます。

日にちが経ってからの場合はこれを代わりに使うことができ、「昨日」も先日に該当するため、「昨日はありがとうございました」の言い替えにもなる表現です。

まとめ

「昨日はありがとうございました」は、ビジネスでは定型文のように使われている表現です。

それに該当する出来事があった翌日のみに使うことができ、その後に続く内容へのクッションに適しており、決して失礼になることはなく、使い勝手のよさも抜群です。

タイトルとURLをコピーしました