「贖罪」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「贖罪」とは?言葉の意味

「贖罪(しょくざい)」とは、自分が犯した罪を色々な方法で償うという意味の言葉です。

この記事では、「贖罪」の意味を分かりやすく説明していきます。

「贖罪」とは?意味

「贖罪」とは、自分の犯罪や過失を色々な方法で償うことであり、金銭や品物、善行、など様々な方法があります。

また「贖罪」にはイエスキリストがその身を十字架に捧げて世界の罪を償った行為を示す意味もあります。


「贖罪」の概要

「贖罪」は色々な方法で行われる罪滅ぼしであり、個人的な意志によって生まれるのが特徴です。

犯罪や過失に関しては法律による刑罰が定められていますが、「贖罪」は宗教的な動機や個人的な思いから発生します。


「贖罪」の言葉の使い方や使われ方

「贖罪」は自分が犯した罪や過失を償う時に使う言葉です。

その方法としては金銭、品物、善行など色々なものがあります。

法律には罰金刑がありますが、「贖罪」は物理的な償いだけではなく精神的な罪滅ぼしを表すことが可能です。

まとめ

「贖罪」は自分の犯罪や過失を償う時に使う言葉です。

「贖罪」は法律の及ばない個人間のトラブルや過失への金銭的解決や、精神的な罪滅ぼしに対しても使うことが可能です。

タイトルとURLをコピーしました