「敗戦処理投手」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「敗戦処理投手」とは?野球用語

この記事では、「敗戦処理投手」の意味を分かりやすく説明していきます。

「敗戦処理投手」とは?意味

「敗戦処理投手」「はいせんしょりとうしゅ」と読み、「負け試合を処理する投手」を指す野球用語です。

「敗戦処理投手」の概要

野球は点を取り合うスポーツですので、状況によって圧倒的な点差が生まれる場合もあります。

このような状況で負けているチームが負け試合を処理するという理由で起用する投手の事を「敗戦処理投手」と呼びます。

「モップアップ」「モップアップピッチャー」などとも呼ばれ、英語で表すと“mop up”となり「後始末する清掃員」という意味があります。

「敗戦処理投手」として起用される投手は、若手投手をはじめ、調子の悪い選手の調整のために起用されたりします。

主力の投手を温存するという意味もあり、「敗戦処理投手」はとても重要な役割を持っています。

プロ野球の世界では「敗戦処理投手」としてのイメージが大きい有名選手もいるほどで、決して悪い意味で起用される投手ではありません。

まとめ

「敗戦処理投手」は、逆転する事が難しいような状況で、試合を終わらせるために起用される投手です。

しかし、この土壇場でしっかりとプロとして結果を残す事で、大きなチャンスが生まれることもあるのです。

タイトルとURLをコピーしました