「スポット勤務」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「スポット勤務」とは?言葉の意味

「スポット勤務とはどのような勤務を指す言葉なのでしょうか。

今回は、「スポット勤務」の意味について解説します。

「スポット勤務」とは?意味

「スポット勤務」とは、「人手が少ない時など限られた時間帯のみの臨時的な働き方」を意味する言葉です。


「スポット勤務」の概要

一日中働くフルタイム勤務ではなく必要に応じて臨時的に働く働き方を指す言葉で、休暇を取った人の穴埋めや忙しくなる時間帯だけの補強人員など継続性がなく一時的に結ばれる労働契約で働く勤務スタイルを指します。

同じ職場で継続的に働く契約ではなく仕事のたびに現場が変わる単発の労働契約で働く勤務スタイルであり、そのたびに具体的な仕事内容は変わります。

雇用の安定性はなく労働者にとっては不利な勤務スタイルとされますが、働きたいときだけ仕事に出るような自由度の高い働き方が可能であることからあえて「スポット勤務」を選ぶ人もいます。


「スポット勤務」の言葉の使い方や使われ方

『ゴールデンウィーク期間だけスポット勤務で働く』
『人手不足の穴埋めをスポット勤務に頼る』

まとめ

超短期契約を意味する「スポット勤務」ですが、具体的な基準はなく人によって異なる意味合いで使われます。

誤解を避けるためにもどのような意味で使われているのかをよく確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました