「狐と狸」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「狐と狸」とは?言葉の意味

この記事では、「狐と狸」の意味を分かりやすく説明していきます。

「狐と狸」とは?意味

「狐と狸」とは、簡単に言えば「悪質なコンビ」のことです。

狐も狸も、人間をだましたり化かしたりする動物として知られています。

実際にはそんな事実はないのですが、昔からそのように考えられているのです。

そのため、抜け目が無かったり、人をだましたり、ごまかしたリする人物が二人いる場合に、「狐と狸」とワンセットで表現できるのです。

「狐と狸」の言葉の使い方や使われ方

たとえば、あなたの部門には部長と副部長がいたとします。

その二人は大変良いコンビで、交渉の場面では顔色一つ変えずにはったりをかますのでした。

このような場合に、「あの二人は、狐と狸なので、どんな交渉も乗り切ることでしょう」と述べるとよいでしょう。

これにより、人を化かすような態度や能力を持つ二人を、上手に表現できるのです。

「狐と狸」の例文

「狐と狸」を使った例文を挙げます。

・『彼らは狐と狸なので、あまり心配しておりません』
・『あんな狐と狸に、大事な仕事を任せることなどできません』
・『彼ら二人は、まるで狐と狸のように議論を煙に巻いていました』

まとめ

このように「狐と狸」は、「悪質なコンビ」ことを意味する言葉です。

様々な場面で使用できる言葉なので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました