「一石を投じる」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「一石を投じる」とは?言葉の意味

この記事では、「一石を投じる」の意味を分かりやすく説明していきます。

「一石を投じる」とは?意味

「一石を投じる」「いっせきをとうじる」と読みます。

意味は「周囲に反響を呼ぶような問題を投げかけること」です。

世間一般の人たちが興味や関心を持つような事柄を発表することを言います。

ネットやテレビ、新聞など大勢の人が見たり聞いたりする場で持論を述べる時に使われます。

「一石を投じる」の概要

「一石を投じる」「一石」「一つの小石」という言い、「投じる」「投げ入れる」という意味です。

「静かな水面に小石を投げ入れると、波紋がどんどん広がっていくこと」から転じて「周囲に多くの反響を呼ぶような問題を投げかけること」という意味で使われる様になりました。

賛成・反対に関わらず、多くの人達が持論を述べる様になる時に使われます。

「一石を投じる」の言葉の使い方や使われ方

「一石を投じる」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『彼女はサービス残業を拒否して一石を投じた』
・『上司のパワハラを告発して一石を投じた』
・『不倫問題に一石を投じて炎上する』

まとめ

今回は「一石を投じる」について紹介しました。

「一石を投じる」「周囲に反響を呼ぶような問題を投げかけること」と覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました