「骨身に染みる」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「骨身に染みる」とは?言葉の意味

この記事では、「骨身に染みる」の意味を分かりやすく説明していきます。

知らない言葉を覚えていきましょう。

「骨身に染みる」とは?意味

「骨身に染みる」とは骨の髄まで染み入るように、ジーンとすること。

心を打たれるような映画を観たり、温かい言葉を掛けてもらったりする場合に使います。

嬉しさや懐かしさなど、心の奥に深く染み入る心情が「骨身に染みる」です。

この場合の「染みる」「痛いくらいに感じ取ること」なので、大きな衝撃を覚えたときに用います。

「骨身に染みる」の言葉の使い方や使われ方

「骨身に染みる」と同じような表現に「骨身に応える」もあります。

骨身に応えるも、全身で感じる強い衝撃です。

また辞書によっては「骨身に染みる」「骨身に沁みる」と表現することもあります。

「骨身に染みる」「骨身に沁みる」もどちらも「強く感じること」なので覚えておきましょう。

「骨身に染みる」の例文

「骨身に染みる」を使った例文を挙げます。

・『母の言葉が、骨身に染みた』
・『骨身に染みるような、いてつく寒さだった』
・『観衆の拍手が、骨身に染みる夜だった』

まとめ

「骨身に染みる」の意味と使い方をおさらいしました。

骨の髄まで染み入るような、深い感動をあらわしています。

ジーンとするような心境や感慨が「骨身に染みる」です。

覚えておいてください。

タイトルとURLをコピーしました