「啓蒙」と「啓発」の違いとは?分かりやすく解釈

「啓蒙」と「啓発」の違い言葉の違い【2語】

この記事では、「啓蒙」「啓発」の違いを分かりやすく説明していきます。

「啓蒙」とは?

「啓蒙」の意味と使い方について紹介します。


意味

「啓蒙」「けいもう」と読み、「人々に正しい知識を与えて、合理的な考え方をする様に導くこと」という意味です。


使い方

「啓蒙」は、専門知識のある人が、知識のない人に向けて教え導くことを言います。

専門家ということで、立場が上の人が下の人に向けて知識を授ける時に使います。

「啓発」は、不特定多数の人を対象にしているのに対し、「啓蒙」は立場が上の人から下の人へという使い方になります。

気付かない人に対して気付かせる、教えるという目的を持って行動するという意味も含みます。

「啓発」とは?

「啓発」の意味と使い方について紹介します。

意味

「啓発」「けいはつ」と読み、「人が気付かないことを教えて、より向上させる様に導くこと」という意味です。

使い方

「啓発」は、「新しい知識を与えたり、気付かせたりして、教え導く」ことを言います。

最初から知識を持っている相手に対しても、新しいことに気付かせて知識を応用させる様に教えるのです。

知識を持っていても思う様な結果が出せない人に対して、より自らを向上させる様に導いていくことであり、「自己啓発」として使われます。

「啓発」は、特に対象となる相手は選ばず、自ら意欲を持っている人や、たまたま興味を持った人など、幅広く向けられるものです。

「啓蒙」と「啓発」の違い!

「啓蒙」は、「専門知識を持つ人が、知識のない人を教え導くこと」です。

「啓発」は、「自分で気づかせて、知識を応用できる様に導くこと」です。

まとめ

「啓蒙」「啓発」は、知識を与えるのか、気付かせるのかという違いがあります。

難しい言葉ですが、違いを覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました